代理店フランチャイズを始める人にとってのメリットデメリット

フランチャイズのメリットは経営ノウハウ

企業の方法としては、フランチャイズや代理店に加盟するやり方があり、独りで経営するよりもリスクが少ないメリットがあります。代理店は特定のメーカー等の代理として、広く商品を扱うことになり、立場的には顧客とメーカーとの仲介者となります。それ故、たとえ商品が売れなかったとしても、代理店が売上に関して責任を問われることは基本的にありません。また、顧客が支払い不能に陥って、取引上で赤字が生じたとしても、代理店が損失補填する必要がないわけです。一方、フランチャイズは商品及び経営ノウハウ等をフランチャイズ本部から提供され、本部の指導の下に運営することになります。営業利益はフランチャイズ店に所属しますが、一定のロイヤリティを収める必要があります。

代理店は顧客の確保が重要

代理店のメリットとしては、資金が無くても商品やサービスの販売が行えることです。また、固定客が付けば、特別な販売促進を行わなくても、一定の収入が得られることになります。また、フランチャイズのように、販売方法等に本部からの制限がかかることもないので、比較的自由に営業できる点も特長の一つです。但し、販売能力がないと収入に繋がらないので、独自の経営努力が必要になります。確かに、売上が上がらないことに対して、メーカーから責任を問われることはありませんが、代理店だけで生計を立てるには、ある程度の見込みが必要になると言えます。基本的に代理店の収入は手数料なので、顧客となるユーザーを如何に確保するかが重要になります。